タウン誌 釧路ダイスキの紹介

ストリートスナップを中心としたタウン誌クシロダイスキ雑誌カメラマンのブログ。最新号の紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶に残るページ13号より

バッグの中身

これは、えりちゃんとひろみちゃんが是非是非ダイスキの手伝いをしたいということで企画したページ。

なかなか、良かったんじゃないかな。俺らが街角で「バックの中身見せて」な~んて言ったら怪しまれる~^^;

えりちゃんは、横浜の大学で楽しいキャンパスライフ送ってるのかな。

30代男性に大人気のひろみちゃんは音信不通です^^*
何やってんのかな~。

釧路にいるのかしら。
スポンサーサイト

テーマ:日々、想うこと - ジャンル:本・雑誌

  1. 2005/11/18(金) 09:24:04|
  2. 記憶に残るページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根室へ行こう 6号より

nemuro kizi

記憶に残るページは、別館の方にもありますが、あの頃作ったページはソフト無しでテキストにタグ打って作ってたものだからデザイン悪いし見づらいんで更新はこちらのブログにします。

これは4年半前の記事ですね。あ~必死でした。取材も営業もアポ無し。
少ない時間で何件もの取材をこなし、本屋さんとタイエー(根室のコンビニ)に本を置いてもらう交渉もしてと、飯なんか運転しながら、トイレなんか行く時間ももったいないなんて感じの一日でしたね。

もう6号は保存用しか無いんで、ここに記事残しておきますね。

■森高牧場ソフトミルク店
厚岸町宮園町
国道四十四号線沿い
?0153ー52ー2741
自家生産のソフトクリームを販売しているお店。原料は森高牧場の搾りたて牛乳のみ。乳化剤なども一切使用していない。森高ブランドは、すっかり有名になり、お土産としても人気がある。ちなみに、釧路ではマリアンマリーが森高のソフトを販売している。勿論、こちらも大人気。営業時間/午前10時~午後5時。無休。

■フォト喫茶夢風車
厚岸町字片無去(カタムサリ)190-9 ?0153-57-2230
営業時間/午前10時~午後5時 定休日/水曜日(祝祭日営業)
 どこまでも続く広い牧草地の中に建てられた素敵な喫茶店。冬期間休業、4月1日から営業開始。
 店内には釧路在住の大八木茂さんの写真が展示されている他、絵画などの企画展も行われている。平成10年オープン、大八木さん主催の店だから一度行こう行こうと思いながらも延び延びになり、ようやく今回初めて珈琲を飲まして頂いた。だってこの片無去って「えっ!どこにあるの」っていう場所だったから、ゴメン。ちなみに僕は44号線尾幌の夢風車の看板が立っている道から入ってきたが正直言って分かりづらい。272号線側から、叉は厚岸側から入ってきた方がいいだろう。
 店の雰囲気は静かで落ち着ける。ガラス以外はほとんど木材で作られていて、木独特の温もりが心地よい。おまけに目の前に見えるのは果てしなく続く大草原。時間を忘れてしまう空間とはこのことをいうのだろう。いつまでも居たくなる場所だ。
 ワッフルセット820円(アイスクリーム、飲み物付き)がオススメ。ちなみに店を出る直前20才前後の可愛い女性3人連が入ってきた。女性に人気があるみたい。

■レストラン ファームデザインズ
浜中町熊牛 国道44号線沿い ?0153-64-2310
 シアトルエクスプレッソ社と直接提携し道東で一番にシアトルコーヒーをメニューに取り入れた店。やること成す事が時代の先端を行っている。4ヶ月振りに来てみたが、iMACが数台テーブルに配置されていてびっくりした。なんて、はぶりがいいんだろう。「インターネットですか」と聞くと、「いや、ここはISDNが来てないんで。コンピュータで酪農体験が出来るようになっているんですよ」とのこと。このためにわざわざソフトまで開発してもらったそうなのだ。ここはまるで都会だ。空気がアメリカを想像させる。しかし店を出れば広大な酪農地帯。このギャップが不思議な感覚を与えてくれてたまらないのだ。
 毎月のようにイベントも開催している。道東でここだけ空気も時間の流れも違うような気がする。
 営業時間/午前11時~午後9時。定休日/木曜。

これらは根室までの往路の途中でということで紹介した記事です。

いや~、ちょっとデータ整理してたら懐かしくなっちゃってアップしちゃいました。

では根室編を。


根室8.9

■喫茶サテンドール 根室市大正町1丁目24番地(駅の側)
?01532-4-8052
 店主の谷内田さんは根室のジャズシーンを長年に渡り盛り上げてきた功労者。彼が中心となり昭和40年にネムロホットジャズクラブ事務局を発足。今までに50回以上ものコンサートを主催してきた。
 まあ、だからといって店にはジャズファンばかりが集まる訳ではない。いろんな人達がやってくる。
 この日来てたヒゲをこしらえた男性は、とても親切で僕の取材の為にとわざわざ自宅に戻り資料を持ってきてくれた。感謝感激!。そう、この店には、そういう気質の人達が集まってくるようだ。ここに来れば駅前のインフォメーションセンターとはまた違った情報が聞けるぞ。ここで僕が得た情報は次号で取材しようと思っている。
 コーヒー380円。カレーライス550円。ロシア原産のコケモモを材料にしたジュースやアイスを扱っている。釧路では、ちょっと聞いた事がないので1食の価値があるかもしれない。
 営業時間/午前9時半~午後8時から9時頃。定休日は基本的に無休。

注意 これは昔の記事ですからね。参照程度に。

[根室へ行こう 6号より]の続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2005/11/01(火) 18:41:50|
  2. 記憶に残るページ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:ogata
クシロダイスキの紹介

雑記などなど( ^^)ノ"

DAISUKIホームページは
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Ekushirodaisuki/


チャット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。